<市川市立新浜小学校 特別支援学級とファンタムスティック㈱が共同研究を開始>プロジェクト名は「ゲーム in スクール」!

2019/07/17

『公立の市川市立新浜小学校 特別支援学級とファンタムスティック㈱は、1人1台 iPadを導入し、ゲーム式学習サービス<プレスタゴー!>を使った授業で共同研究を開始します!』

これまで世界107か国で利用され、累計340万ダウンロードを達成しているゲーム式学習サービス<プレイスタディゴー!>を開発販売しているファンタムスティック㈱と、公立の市川市立新浜小学校・特別支援学級が共同研究を行うこととなりました。

★仮説

特別支援学級での授業にipad学習を取り入れ、プレイスタディゴー!を使って授業をすることで、<子ども達の学習意欲を高め><書く時間を短縮した効率の良い勉強が可能>となる。

★目的

上記仮説により、余白として生まれた時間を<新しく創造性のある学習>に充てる事が出来るのではないか、を検証する。

★なぜ共同研究に至ったのか?~経緯と先生の想い~

新浜小学校では、以前、特別支援学級の生徒(1名)の学習でipadを使った研究(東大の研究)に参加しました。その際、プレイスタディゴー!シリーズの「算数忍者」と「国語海賊」を使った所、生徒の学習が飛躍的に伸びた経験から、支援学級の生徒にとって「算数忍者」・「国語海賊」は効果がある、という確信を持ちました。その後、ファンタムスティックと連絡を取り、今回の共同研究に至りました。 担当の先生の想いはもっと先にあります。

『支援学級の生徒たちがこの先の人生をより幸せに生きていく為に必要な能力は、算数・国語などの最低限のものだけではないはずだ。彼らが生まれ持った創造力を活かして、クリエイティブな作品を作る事で子ども達の可能性が広がるのではないか。ipad学習を更に応用して、彼らの力を伸ばすことはできないか?』

★ファンタムスティック㈱の想い(VISION)

今、教育現場では先生の過重労働や不登校問題など様々な問題があります。ファンタムスティック㈱は、ゲーミフィケーションを活用した<ゲーム式学習サービス>によって、教育と言う分野の様々な課題を解決できるのではないか、と考えています。

また、子ども達に楽しい学習を提供し、自発的に学ぶことをサポートしたいのです。 勉強が嫌い・苦手・続かない子でも楽しく学べる<ゲーム式学習サービス>「プレイスタディゴー!」は、口コミで広がり世界で340万ダウンロードを超える、人気の知育アプリです。

開発を手掛けたファンタムスティック㈱には、沢山の保護者から「子どもたちの学習が進んだ」との声が日々寄せられます。楽しそうに学習する様子の動画もyoutubeに数多くアップされています。

人気の理由は、「プレイスタディゴー!」が、遊びながら何度も繰り返す=反復学習に最適と保護者から認められていることです。これは、「プレイスタディゴー!」だけのデザイン性の高さと構造によるものであり、大きな特徴でもあります。

★プレイスタディゴー!の特徴★

単にタブレットを使ったりキャラクターがいるだけでは、一瞬の注意を引くだけに過ぎず子どもはすぐに飽きてしまいますが、<ゲーム式学習サービス>「Play Study Go!」には、ゲームが持つ反復の魅力があります(時間を割いてでもやりたいと思わせる、キャラクターやカード集めなどのデザイン性の高さと構造)。

これまでの学習法とは全く違い、子ども自らが「自分のレベルで」「自分のペースで」「好きな姿勢で」、自発的に繰り返し学びたくなるような仕組みと要素を随所に取り入れており、遊ぶのと同じように夢中で学べてしまう、初めての<学習サービス=教育>アプリです。

注)ゲーミフィケーションとは、ここ数年注目を集める仕組みのこと。クイズやくじ引き、経験値といったゲームの要素を取り入れて他の分野で活かすことを言う。教育の分野でも、学習効果を高めるものとして注目され始めている。

①圧倒的なデザイン力で子どもを魅了します。

  1. 400を超えるオリジナルのキャラクター
  2. カード集めをすることで続けたくなる構造
  3. シンプルで直観的な操作性
  4. 作り込まれた世界観

②子どもが可視的に問題を理解してスピーディーに回答できる構造で、成功/失敗しながらの反復練習ができます。

③タッチするだけで回答でき、手書きよりも何倍も早く問題数をこなすことができる。手書きのストレスがないというメリットがある。

(特に幼児にとって、鉛筆を持って字を書くことは手が未発達のため難しく時間がかかります。小学生低学年でも、同様に字を書くことには時間を要します。)

★プレイスタディゴー!の実績★(2019.1調べ)

  1. 14億問題回答数(ドリルにして約140万冊に匹敵)
  2. Apple Store子ども向けアプリランキングで、107か国 1位(算数忍者)
  3. 累計340万ダウンロード

さぁ!いよいよ本格始動の「ゲームinスクール」!! これから順次、進捗をリリースいたします。

#
エコプロ2018限定ゲーム「ARエコ丁」が3日間の出展でプレイ人数1100人!
#
『自分で考える力』が身につく!自主性・主体性を育てる、世界の教育メソッド6選
#
3月5日発売「AERA with Kids」に地図エイリアンが紹介されました!
#
『幼児教育』ってそもそも何?
#
結局効果があるのはどっち?インターリーブ学習VS反復学習
#
タブレットを導入、でも「活用できていない」が4割以上...家庭でできるICT教育とは?
#
2019年10月、幼児教育が無償に!今知っておきたいこと
#
勉強に夢中になる!学習をゲームにしてしまう『ゲーミフィケーション』って?
#
市川市立新浜小学校 特別支援学級とファンタムスティック㈱が共同研究を開始
#
従業員全員に、一年間ランドセル通勤を義務付けることを決定
#
自ら考える力を育てる!アクティブ・ラーニングって何?
#
スマホやタブレット、子どもに触らせるのはOK?NG?
#
グーグル創設者やアマゾン創設者を育てた教育法。藤井聡太七段で一躍脚光を浴びたモンテッソーリ教育とは?
#
子どもに「14億問題」解かれたアプリをどうやって開発したか
#
成績よりも重要?!これからの時代を生きる子供に必要な「主体性」と「自主性」
#
紀平梨花選手で大注目の教育法『ヨコミネ式教育法』とは?
#
幼児期の先取り学習は必要?メリットとデメリット
#
子供の生活を大人に置き換えると見えてくる学校教育の問題点
#
ファンタムスティックは環境問題の解決をテーマとしたイベント「エコプロ 2018」に出展します!
#
新時代の教育に乗り遅れないために!2020年に向けて始めるべき幼児教育とは
#
6歳で知らない人とやり取りするケースも!子どものインターネット利用率とトラブル