従業員全員に、一年間ランドセル通勤を義務付けることを決定

2019/04/01

<ファンタムスティック㈱>では、
従業員全員に、一年間ランドセル通勤を義務付けることを決定。
同時に「大人用ランドセル開発」をスタートします。

ファンタムスティック株式会社(代表 ベルトン シェイン )は、2019年4月1日より、子どもの気持ちをより理解してアプリ開発に生かすため、社員全員にランドセル通勤を義務づけることを決定いたしました。

また、子どもの気持ちを持った大人でい続けるため「大人用のランドセル開発」に取り組むことを決定いたしました。

ファンタムスティック(株)は、

  1. 勉強にモチベーションを持てない子ども達へゲーミフィケーションを活用した学習サービスを提供する
  2. 日本の教育格差という課題を<ゲーム式学習サービス>を通じて解決する

を企業理念とし、日々アプリの開発に取り組んできました。

これまでに、ゲーム式学習サービス「Play Study Go!」シリーズの人気アプリ「算数忍者」「国語海賊」「地図エイリアン」「英語キャッツ」などが口コミで広がり、300万ダウンロードの実績と、Apple Store 107カ国でランキング一位を獲得してきました。

しかしまだまだ<勉強が続かない><学校での勉強が苦手><学校以外に学ぶ場所がない>などの悩みがあるお子さんと、そんなお子さんを何とか救いたいご家族は沢山いらっしゃいます。

そこで我々ファンタムスティックは、悩みを抱える方の問題を解決するためには、お子さんの気持ちをもっと理解し、更なるアプリの開発を通してお手伝いすることしかありえないと考えました。

まずその第一歩として、社員全員が子どもだった時の気持ちを思い出し、理念の原点に立ち返るべきと考え、本日よりランドセル通勤をすることに致しました。

「こんな面白い大人がいてもいいじゃない?」
「愉快な会社があってもいいじゃない?」
そんな想いも込めています。

また、今年度は子ども用のランドセルから始めますが、同時に大人用のランドセル開発も行います。
一年後には、大人のランドセル通勤が叶うよう、本日より大人のランドセル開発に取り組むことをお約束いたします。

最後に。。。
本日は「エイプリル・フール」です。
このリリースは、「嘘」ですが、企業理念は「本物」です

勉強が続かないお子さん、事情があって学校にいけないお子さんでも、楽しく学ぶことができるようにしたい。我々ファンタムスティック㈱は、本気で教育格差をなくすためにアプリ開発に取り組み続けることをお約束いたします。

ありがとうございました。

=====================================
※4月1日はエイプリルフールです。
本リリースはエイプリルフール企画です。
=====================================

#
エコプロ2018限定ゲーム「ARエコ丁」が3日間の出展でプレイ人数1100人!
#
『幼児教育』ってそもそも何?
#
子供の生活を大人に置き換えると見えてくる学校教育の問題点
#
幼児期の先取り学習は必要?メリットとデメリット
#
自ら考える力を育てる!アクティブ・ラーニングって何?
#
ファンタムスティックは環境問題の解決をテーマとしたイベント「エコプロ 2018」に出展します!
#
スマホやタブレット、子どもに触らせるのはOK?NG?
#
6歳で知らない人とやり取りするケースも!子どものインターネット利用率とトラブル
#
新時代の教育に乗り遅れないために!2020年に向けて始めるべき幼児教育とは
#
成績よりも重要?!これからの時代を生きる子供に必要な「主体性」と「自主性」
#
勉強に夢中になる!学習をゲームにしてしまう『ゲーミフィケーション』って?
#
結局効果があるのはどっち?インターリーブ学習VS反復学習
#
子どもに「14億問題」解かれたアプリをどうやって開発したか
#
タブレットを導入、でも「活用できていない」が4割以上...家庭でできるICT教育とは?
#
3月5日発売「AERA with Kids」に地図エイリアンが紹介されました!
#
2019年10月、幼児教育が無償に!今知っておきたいこと
#
紀平梨花選手で大注目の教育法『ヨコミネ式教育法』とは?
#
従業員全員に、一年間ランドセル通勤を義務付けることを決定
#
『自分で考える力』が身につく!自主性・主体性を育てる、世界の教育メソッド6選
#
グーグル創設者やアマゾン創設者を育てた教育法。藤井聡太七段で一躍脚光を浴びたモンテッソーリ教育とは?